スタッフブログ

2020.11.19

塗装

シーリング改修完了!

こんにちは。
staff千田です。


昨日の記事は、ご覧いただけましたか??
まだ…という方!本篇は昨日の続きとなります。
是非そちらからお読み下さい。


さて、シーリング撤去作業が完了しました。
次の作業は、マスキングテープを貼っていきます。

 

 

 この作業、見た目以上に難しいのです。

 テープを貼った通りに、最後は仕上がります。
 この貼りが曲がれば、できあがりも曲がります。

 まっすぐ貼るだけでなく、
 凹凸のある外壁やサッシ廻りなどに
 テープを貼っていくのは、
 当然ですが技術のいる作業なんです。 

 

 

 

 

 

 

 

 



 次は、プライマーを塗ります。
 シーリング材がしっかり接着する役目のものです。

 これを塗らないと接着しません。
 塗り残し等があれば、そこから剥離していきます。

 実はこれ、撤去作業をしていると結構あるんです。

 「あれ?ここ全然くっついてないんだけど?」
 
 と、いうことが…。

 塗り忘れなのか、
 目につかないところは手を抜いたのか。
 どちらにしても、
 施工上はよろしくありません。

 

 

 

   


 

 そして、シーリング材を充填していきます。

 写真のように少し多めに充填します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 次に、充填したシーリング材が
 中にしっかり入るよう、へらで押さえます。

 これでひとつ前の充填だけでは、
 入りきらないところにも入れることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にテープを撤去し、完了です。

 ここまで2日。
 さらに乾燥期間を設け、高圧洗浄に移ります。
 (この時期ですと乾燥に3日ほどは必要。)

 

 

 

 

 

 

 

 


 手間暇がかかることを、
 少しはお分かりいただけましたでしょうか?


 乾燥期間のために、現場をあけなければいけない。
 となると、
 シーリング改修はやりたがらない。
 という業者があっても、ある意味納得です。

 (本来はやった方がいいんです。
  しかし、業者側は段取りが大変なんです。)

 






次は、高圧洗浄です!(^^)!

当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

 
LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦)  

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る