スタッフブログ

2020.12.22

総合

火災保険利用を戸惑う理由とは?

こんにちは。staff千田です。

当地はまだ大雪です。
道路状態も非常に悪く、混乱状態が続いています(-_-;)

雪の重みでカーポートがつぶされているのも何件も見かけています。

先日は雨樋が壊れたと調査に伺ってきました。


ご覧の通り大惨事です(/_;)

 

こういった被害の際、火災保険で保険金が支払われることは先日のブログでアップしました。

まだご覧になられていない方はそちらもチェックしてください。
https://www.north-lands.jp/?itemid=1044

 

「火災保険で修繕費を軽くできるかもしれないので、申請した方いいですよ」

と、お話しさせていただいても、

 
「わかりました!」と、即答されたことはありません(^^;

みなさま、必ず躊躇されます。

 

 

このような被害の備えにお金を支払っているのに、なぜでしょう??

 

答えはいくつかありますが、
圧倒的に多いのが「保険料が上がるのではないか?」という不安です。


結論から申し上げますと、
保険申請をして保険金が支払われても次回保険料が上がることはありません

 

この誤解は、自動車保険の影響かもしれません。

 

火災保険は自動車保険とは異なり、保険料は変わらないのです。
また、1度でなく、何度申請しても保険料は変わりません。

 

注意点としては、

・同じ場所の申請は3年経過してからでないとできないこと
・被害に遭ってから3年以内の申請とすること

 
この2点でしょうか。

 

従って、

・被害に遭って修繕し、翌年も同じ場所が被害に遭った際は申請不可です。
 けれども、修繕から4年経過しての被害の際は申請可能です。
・4年前の被害を、思い出して今申請しても期限切れです。

と、なります。

 
被害に遭われた際は、できるだけ早く保険会社に連絡し手続きをするようにしてください。

 

写真を例にすると、雨樋の部材・工賃他、足場など昇降設備の費用もかかる場合があります。
そうなれば、金額はかなり上がってきます。

 

そのお金を、勘違いで受け取ることができないというのはもったいないです。
(こちらのお宅の申請のお手伝いも、只今しております。)

詳しく聞きたい!と、いう方はお問い合わせください。
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

 
LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦)   

 

 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 
また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る