スタッフブログ

2020.08.03

遮熱

暑さ対策には遮熱を!

こんにちは。staff千田です。 

関東では、梅雨明けが発表されました。
もうすぐ当地東北も梅雨明けでしょうか?

この夏への切り替わりの時期、
体が暑さに慣れていないので、熱中症にはより一層注意が必要とのことです!

みなさん、水分補給と休息をとりながら熱中症対策をしましょう。

 

さて、暑さ対策といえば遮熱工事です!


既に多くの企業、工場、倉庫、店舗などで使われており、暑さを防いでくれていると嬉しい連絡をいただいています。

もちろん、一般住宅でも効果抜群ですよ(^^♪

 

その遮熱工事、どのくらい効くの?というのが大半の方の疑問でしょう。

そこで、当社では数多くの実験機を取りそろえ、比較実験を日々行っております。

現在実験中の写真を公開‼
   ↓↓  

 

一般家庭にある普通の物置の屋根です。
金属屋根の色はブラウンともなれば、真夏では80℃を超える表面温度になるでしょう。 

 

 
最高温度はそこまで高くないので、差は約18℃に留まっていますが、真夏はさらにその差が広がります!

 

物置を開けたときに、もわっとした空気を感じたこと、一度はあるのではないでしょうか?

屋根から侵入した熱が、物置内に溜まっているのです。
(できれば入りたくない…と思っちゃいますよね(;´∀`)。)

 
そこで、遮熱の出番です。

写真では、実験結果をはっきりさせるためにかなり極端な実験をしています。
一部に遮熱テープを貼っている、ただそれだけです。

 

屋根面積に対して、遮熱材はほんの数%です。
遮熱していない部分の方が圧倒的に多いのですから、これでは効果は出ないのでは?

 

その屋根の裏面をサーモグラフィーカメラで測定したものがこちら↓

 

 

 

その差約10℃。

遮熱テープの部分だけ明らかに温度が低く、サーモグラフィーカメラでは青色の表示です。

 

10℃ってどのくらい?


触った私の感想としては、

遮熱テープの方は触っていられますが、遮熱テープのない場所は数秒も触っていられません。

 

イメージしてみてください。

気温25℃と35℃

お風呂で40℃と50℃

エアコン設定温度15℃と25℃

 

こう見ただけでも、

私たち人間が過ごしている世界で10℃とは、かなりの温度差というのが分かるかと思います。

 

真夏になれば一方は80℃、遮熱テープ面は40℃にもなります。

その差40℃はどれだけすごいことか、お分かりいただけたでしょうか?

 

しかもこの写真では、一部しか貼り付けていない実験だということを忘れてはいけません。

遮熱をしていない場所からの熱移動で遮熱テープ側に高い温度が移動してきますが、それでもこの差が出ているのです。

 

全面に貼り付けたらどうなるでしょうか?

 

なんとなく、すごく効く!ということは伝わりましたでしょうか?

 

工場等の屋根に施工する場合は、基本的には全面施工です。

施工前後での体感温度の差は、ものすごいんですよ!

 

これは、本当に入った人、触れた人にしか分からない驚きの効果なんです‼

体感してみたいという方、実験機をお持ちいたします。

どうぞご連絡ください。

 

企業のご担当者様からのご連絡、お待ちしております!

「とりあえず触ってみるだけ」そんな軽い気持ちでも結構です。

 

驚かせる自信があります( `ー´)ノ

そして、喜んでいただける自信があります。

 

皆様の暑さ対策のお手伝いを、全力でさせていただきます!

 

お問い合わせはこちらまで↓

フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る