スタッフブログ

2020.11.26

塗装

前沢現場 高圧洗浄完了!

こんにちは。staff千田です。

 

もうすぐ11月も終わりますね。
年内工期の塗装現場も、順調に進んでおります。

 

さて、シーリングの打ち替えが終わり、高圧洗浄です。
この高圧洗浄、塗装作業の前には必ず必要な作業です。
(このブログを見てくださっている方、ラジオを聴いてくださっている方はご存じですね(^^♪)

作業内容を簡単に表すならば、専用の高圧洗浄機で旧塗膜や汚れを洗い流します。

最近はネットでも比較的安価で高圧洗浄機が手に入る時代になりました。
洗車に使われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

結論、あれではダメです。

どうダメか。決定的に違うのが水圧です。住宅塗装の高圧洗浄では、14.7Mpaの水圧が必要となっています。(だいたい150万円㎏)
当社は200㎏の圧力で洗浄をしています。
(細かく言えばノズルからなにから全然違うんですけどね…。まぁ、とりあえずそれはよしとするとして。)

 

一般に売られているものは、この圧力の半分ほどのものばかり。圧力が足りなければ、当然きれいになりません。

 

きれいにならないとどうなるか?

 

塗料がしっかり密着しません。剥がれてくる下地の上にどんなに高級塗料を塗っても、下地から剥がれてしまいます。

つまり、劣化が早まるのです。

 

過去に他の業者で高圧洗浄をせずに塗装をしたと話されている方が何人かいましたが、
あっという間に錆がでる・艶が引ける・かすれが現れると散々のようです。

 

”洗浄”なんて言うので洗うと思われがちですが、”削る”といった方が良いかもしれません。

それくらいの圧力でないと塗装前の下地処理としては十分ではありません。

 

高圧洗浄、必ずしてくださいね。(^^;

 

 

 

高圧洗浄で大量に水をかけるので、乾燥させてから塗装作業に移ります。

乾燥させずに水を含んだまま塗装をすると、あとで膨れなどのトラブルとなるのです。

 

気温の低いこの時期ですと、この乾燥時間は当然多くなります。

 

十分時間をと取り、塗りの作業に入っていきます!

また更新します。ぜひチェックしてください(^^)/

 

当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします

 
LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦)  

 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

 

 

 

2020.11.25

塗装

住宅塗装 盛岡現場

こんにちは。staff千田です。

 

今日は盛岡現場の様子をお知らせします。

 

↓屋根塗装状況

目地から塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆止め入りの特殊塗料にて仕上げます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期ですので屋根から仕上げていきます。艶がよみがえりましたね(^^♪

 

 

 

 

外壁中塗り状況です。
(下塗りはクリアーなので写真ではわからず、省略です(^^;)

外壁も刷毛で目地から塗っていきます。

ローラーでコロコロ~だけではないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁3回塗り完了!

これで強度が保てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前沢現場ばかりで1現場しかないように見えたので、たまには盛岡の進捗でした(笑)


他にも北上・釜石・来週から宮古のマンションも着工です!

 

奥州市内のみならず、県内は対応可能エリアです。

お気軽にお問い合わせください(^^)/

 

当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします

 
LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦)  

 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

 

2020.11.20

ラジオ放送

建物の気になるこれ!には超低汚染塗料がいい!!

こんにちは。staff千田です。

 
朝から雨。よって、今日の外現場は休みです。
雨にはかないません。
おとなしく、休養日とでも捉えるしかない。

 
さて、今日のラジオ放送は、
先週まで塗料の種類について紹介しておりました、その続きとなります。

ご紹介するのは、超低汚染塗料。

これを塗装するだけで、”汚れをつきにくくする”といった効果のある塗料になります。

写真のような↓↓↓ 汚れ、みなさまの建物にはありませんか?

 このように↓↓↓ 水が流れた後(雨だれ)がくっきり残っていませんか?

幹線道路沿いや工場付近のお宅ではかなりの確率ではっきり見えるほどに汚れがついており、
逆にまったく汚れていないというお宅もほとんど見たことがありません。


屋外にさらされている以上、仕方がない汚れともいえるかもしれません。

 

では、この汚れとずっと付き合っていかなければいけないのか。

 いいえ。そんな方にお勧めの塗料を紹介いたします。

 

この超低汚染塗料を塗れば、
雨が降るたびに汚れを流してくれ汚れが付着しにくい塗膜にすることができるのです!

 

雨が家を洗ってくれるのです。塗装に使う塗料を変えるだけで、そのほかは何もすることはありません。
面倒な作業は一切ありません!

 

こちらは↑↑↑塗料の試験板です。

左が超低汚染塗料塗布。右は他社低汚染フッ素塗料塗布。
黒い分は汚れ物質です。

この状態で上から下に水を流し続けます。

 

汚れがついてしまっている右は、白だったはずがグレーになっていますよね。
一方、左は白のまま、汚れがついていません!

 

そんな塗料について、本日15時30分頃より生放送です。
ラジオの前にスタンバイお願い致します!(笑)

 

綺麗な状態を長く保ちたいという方には是非お勧めしたい商品です。


ちなみに、当社外壁にも使用しています。
汚れていないかどうか、お近くを通られた際は、ご覧になってみてくださいね(^^)

また、国道4号線沿いのお客様も5年ほど前に施工しております。

いつもご夫婦で、外壁のよごれが気になり洗浄をしていたそうです。
今は『あれっ?言われてみたら洗浄してない(;´∀`)、汚れてました?』って(笑笑)

当社ももちろんですが、お客様にも、『 ご覧下さい。』といわれております。

当社はご来店もお待ちしております(^^♪
お気軽にご連絡・ご予約下さい。

 

当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします

 
LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦)  

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

2020.11.19

塗装

シーリング改修完了!

こんにちは。
staff千田です。


昨日の記事は、ご覧いただけましたか??
まだ…という方!本篇は昨日の続きとなります。
是非そちらからお読み下さい。


さて、シーリング撤去作業が完了しました。
次の作業は、マスキングテープを貼っていきます。

 

 

 この作業、見た目以上に難しいのです。

 テープを貼った通りに、最後は仕上がります。
 この貼りが曲がれば、できあがりも曲がります。

 まっすぐ貼るだけでなく、
 凹凸のある外壁やサッシ廻りなどに
 テープを貼っていくのは、
 当然ですが技術のいる作業なんです。 

 

 

 

 

 

 

 

 



 次は、プライマーを塗ります。
 シーリング材がしっかり接着する役目のものです。

 これを塗らないと接着しません。
 塗り残し等があれば、そこから剥離していきます。

 実はこれ、撤去作業をしていると結構あるんです。

 「あれ?ここ全然くっついてないんだけど?」
 
 と、いうことが…。

 塗り忘れなのか、
 目につかないところは手を抜いたのか。
 どちらにしても、
 施工上はよろしくありません。

 

 

 

   


 

 そして、シーリング材を充填していきます。

 写真のように少し多めに充填します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 次に、充填したシーリング材が
 中にしっかり入るよう、へらで押さえます。

 これでひとつ前の充填だけでは、
 入りきらないところにも入れることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にテープを撤去し、完了です。

 ここまで2日。
 さらに乾燥期間を設け、高圧洗浄に移ります。
 (この時期ですと乾燥に3日ほどは必要。)

 

 

 

 

 

 

 

 


 手間暇がかかることを、
 少しはお分かりいただけましたでしょうか?


 乾燥期間のために、現場をあけなければいけない。
 となると、
 シーリング改修はやりたがらない。
 という業者があっても、ある意味納得です。

 (本来はやった方がいいんです。
  しかし、業者側は段取りが大変なんです。)

 






次は、高圧洗浄です!(^^)!

当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

 
LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦)  

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

2020.11.18

塗装

前沢現場はシーリング改修中!

こんにちは。staff千田です。


今日の午前中は、寒かったですね( ;∀;)
ようやく日差しが出てきて、暖かくなってきました。
こんな暖かさの中で、作業をなるべく進めたいものです!

 

先週から着工の前沢現場は、シーリング改修中です。


シーリング改修って?


ざっくり簡単に説明いたしますと、
今あるシーリング材(サッシ廻りやサイディングのつなぎ目)を
切り取って新しいものにする作業です。


このシーリング材、新しいうちは柔らかくゴムのような状態ですが、経年により硬くなり、
チョーキング(白亜化)、ひび割れ等が発生します。

そうすると、防水性能の低下、建物の揺れや熱収縮から守るといった躯体保護の役割が損なわれます。

 
おおよそ、10年に1度はメンテナンスが必要になります。
( 10年に1度と言えば皆様がご存じ、塗装のメンテナンス時期と一緒ですよね。)

さらにこのシーリング改修は、足場が必ず必要になります。
( これも塗装作業と一緒です。)

つまり、塗装とシーリング改修は一緒に行うのが最も効率が良く、無駄なお金がかからないのです。

 

 ← 写真のようにカッター刃を入れ、
    既存のシーリングを撤去していきます。

   この作業、実はかなり手間暇がかかります。

   にもかかわらず、
    工事の単価としては低いんです(^^;
      (これは業者側の小言です(笑))

     しかし、
     この作業を省くことは上に書いたように、
     塗装工事に費やす時間やお金を無駄にする
   ようなもの! 

  
  大切な建物を長く守るためには、
      欠かすことができない作業なんです。

 

  

 もちろん、当社は塗装現場では必ずシーリング改修を御提案しています(^^)v 

 

 ← 撤去完了!

 撤去が終われば、次は打ち込みです!


 次回に続きます(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 
当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします

 
LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

2020.11.16

総合

施工実績アップしました!

こんにちは。staff千田です。

 
早いもので、11月も中旬。
当社には、来年のカレンダーが届きました(*^-^*)
(改めて、時の流れのはやさを感じます。)

ありがたいことに、
今年もにたくさんのご縁に恵まれ、お仕事をさせていただき感謝いたしております。
( ありがとうございました(≧◇≦) <(_ _)> )

 

なかなか更新できずにいた現場の完成写真をアップしていると、
その現場での出来事、お客様との楽しい会話やお顔が浮かびます。

今年も、たくさんの笑顔を拝見することができて嬉しく、また、ホッとひと安心です。
(どの現場も、いつも緊張しております(;´∀`))

 

北日本外装って、『 どんなことをするんだろう? 』そう思っている方もいらっしゃいますよね。

塗装工事・雨漏り修繕工事って、『 どんな作業をするのかなぁ?』

今後の維持管理や修繕を『 どのように計画したらいいのか? 』と、情報収集をしている方もいらっしゃるかもしれません。

工事中の作業の様子や、施工前後の写真などを是非ともご覧になってください。


まだまだアップしきれていない写真もありますが、随時更新でき次第お知らせいたします。
どうぞ、お楽しみに !(^^)!

施工実績ページはこちら→https://www.north-lands.jp/voice.php

 
当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

2020.11.13

総合

この時期からは室内塗装!いかがですか?

こんにちは。
staff千田です。


約1時間後、ラジオ生放送です。
みなさま、ラジオの前でどうぞスタンバイお願い致します!(笑)

このブログを放送後にみて、聴き逃してしまった!という方、ご安心ください。
奥州エフエム放送様ホームページにて音声データがダウンロード可能です。
( お時間のある際に、ゆっくりお聴きください<(_ _)>)

 

お待たせいたしておりました!

当社ホームページの施工実績も、更新いたしました。
是非チェックしてください!

https://www.north-lands.jp/voice.php

 

寒くなってゆくこの時期、室内の断熱塗装もおススメです。 
壁紙じゃない、断熱効果ありの塗装です。
なんか興味あるなぁ。という方、『 ラジオ聴いたんですが… 』とお電話ください(*^▽^*)


当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

2020.11.12

遮熱

製紙工場様 続・遮熱工事!

こんにちは。staff千田です。

前回のブログの続・完了編です。
前回の内容を、
まだご覧になられていない方は、そちらを先にご覧ください<(_ _)>

 

さて、おさらいですが、今回の目的は大きく3つでしたね。

夏の暑さ対策、清掃の作業性向上、結露防止対策 です。

 

①夏の暑さ対策

夏の暑さはの要因は、大きく分けて2つありました。


1つは、日射によるもの。
これが室内に入り込んで暑くなります。
この現象が一般的にはほとんどで、暑さの割合も大きいです。

2つ目は、内部にある設備機器が熱を発している。
今回のような工場様などですと、このようなケースはかなり多いです。


遮熱工事をすすめる際、熱源となるのは何かを特定させてから対策へと移ります。 


今回の企業様は、屋根への遮熱塗装を数年前に行っていました。
効果はあったものの、抄紙機からの熱もかなり室内の作業環境に影響している。
何かいい対策はないものか。と、探していたとのことでした。

 
遮熱材の施工により、機械からの熱は98%反射され、ほとんど放出されなくなります。
周辺の温熱環境は大きく改善され、作業効率もアップしました。


また、熱の放出はいわゆるエネルギーの流出です。
これが多ければ多いほど、無駄なコストが発生していると言えます。
遮熱材で反射され内部に熱が戻されたということは、エネルギーロスが少なくなり、
エネルギー(コスト)の削減ができているということです。


ちなみにこれは、電気・ガス・重油などどれにも共通して言えることです。
もちろん、いずれにも効果があります。

 

 

②清掃の作業性向上

これまでは、グラスウールで機械を覆い対策していました。
ただでさえ狭い機械の周りが、その厚みでますますスペースを奪われ、人が通るのもやっとでした。

昨日の写真でもお分かりの通り、毎日かなりの紙粉が出ます。
狭い場所で、重いグラスウールを持ち上げながらの清掃はかなり重労働です。


遮熱材は暑さ0.2mmの薄いシートです。

シート施工によって、空間スペースに及ぼす影響はほとんどありません。
これは、どんな狭所でも施工できるということに言い換えることができます。


今回は直貼り工法ですので、持ち上げる労力もかかりません。
仮に持ち上げるとしても、それには力はいりません。

 

 

③結露防止対策

冬になると室温はぐっと低くなりますが、機械の温度にほとんど変化はありません。
当然室温との温度差は大きくなり、その温度差が結露となって表れます。

遮熱材施工によって、この温度差が小さくなりますので、結露の発生を抑える効果があるのです。

 

別の企業様となりますが、
冬になると室内にジェットヒーターを設置し、プレハブ作業場を暖めていた屋根表面に遮熱材を貼ったところ、
それまではポタポタと滴り落ちてきた水がピタッと止まりました。

これも、屋根表面が積もった雪で冷やされていたのが改善されたことによる効果です。


冬場はこの結露でのご相談もかなり増えます。


また、今回の抄紙機で言えば、熱ロスは当然減少しますので、
夏季同様、エネルギーコスト削減効果があります。(これに関しては365日、24時間コスト削減です。)

 

 さて、その施工前後写真がこちら。↓

 

施工前

 

施工後

 

 

施工前

 

施工後

 

このように、機械を遮熱材で覆い、熱を閉じ込めるといったイメージです。

 

工場様は、長期にわたり稼働を止めるのは難しいです。
翌日からは、通常通り稼働可能です。
ちなみに、作業は1日で完了。)


熱を発して困っているものがあるという方、
温熱環境改善・コスト削減などで驚くほどの効果を発揮します。

 


ご興味お持ちいただけた方、ぜひお問い合わせください。

当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

2020.11.10

遮熱

製紙工場様 遮熱工事

こんにちは。staff千田です。

急に寒さが、強まりましたね。
我が家でも暖房が欠かせなくなってきました。
( 秋が来た!と思ったのに、もう冬が待っているようですね。)

 

さて、タイトル通り。
本日、工場様にて遮熱工事をして参りました。


今回は、紙を乾燥させる抄紙機への遮熱シート施工です。 

 

 

 

今回、お困りだった点は大きく分けて3つです。

 

1つ目は、夏の厳しい暑さ

上記の写真をご覧下さい。
写真にもある通り、紙を乾燥させる機械ですので熱を発します。
内部は100℃を超え、高温です。

そこから発生した輻射熱は、
周辺で作業している人に夏の暑さ+電磁波として襲い掛かります。

夏場は、かなり過酷な条件だったことが伺えると思われます。

 

 

2つ目は、清掃が困難である

これまでは、暑さ対策としてグラスウールを機械にかぶせていました。
しかし、ご存じの通り、分厚いグラスウールは作業スペースを狭めます。

また、非常に重く、清掃の作業性を低下させていました。

 

 

3つ目は、結露の発生

冬期間、室内温度は暖房を使用しても低くなりがちです。
しかし、抄紙機内部は高温状態であるため、ここで大きな温度差が生じます。
この温度差で発生するのが結露です。

この結露、せっかく乾燥させた紙に水滴に付着することで穴をあけてしまい、非常に困っていたとのことでした。

 

これらを改善するために、遮熱シート工事をお選びいただきました。
( 作業の様子は、また次回更新します。是非チェックしてくださいね(^_-)-☆)

 

当社へのお問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

2020.11.05

防水

結婚式場散水調査

こんにちは。staff千田です。


本日は、県内某結婚式場様にて散水調査でした。
( 雨漏り110番、出動です! ) 

 
以前から雨漏りがあった、という今回の物件。

他の業者にて、部分補修を試験的に行ってきている。とのことでしたが、
漏水は止まってはいない状態でした。

 

上記写真は、手始めに外壁から水をかけている所です↑↑↑


”散水調査”と言うと、水をかけているだけじゃない?と、思われてしまいがちです。

しかし、当然そんな単純なものではございません。
やみくもに水をかけ続けるだけでは、結局何もわからいまま一日が終わることも十分あり得ます。

 
水のかけ方・順番・時間など、様々なことを考慮して原因を追究していきます。

 

本日も、サーモグラフィーカメラをはじめ様々な機器を使います。
これまで培った知識・経験を駆使し、徹底的に調査を行います。

 

散水から、1時間ほど経過した頃でしょうか。

 

 

サッシから、漏水が確認できました。

 

1時間と聞くと、長いと思う方もいるかもしれません。

”もっと早くわからないの?”

もしかしたらそう思われるかもしれません。

 

結論から申しますと、もっと早くこの結果を出すことは可能でした。


しかし、それでは、漏水原因をはっきりさせるという点では満点ではないのです。

 

”漏水調査”は、水が出るということを再現するだけではなく、どこから水が入っているのかを突き止めるのが本来の目的です。

逆を言えば、” この場所からは水が入っていない "という結果も重要なのです!!

 

そのためには、漏水の可能性としては低いかもしれない場所へも、時間をかけて散水をし、
その部位からの漏水ではないことを確認する必要があるのです。

 

”ここからではない、じゃあ次は。”

 

根気のいる作業ではありますが、これが重要なのです。

 


そういった作業の先に、漏水箇所とその原因が見えてくるのです。

結果として、ちゃんとした修繕方法がご提案できます。
(原因も分からず修繕など、できませんからね。)


今回も無事に、全箇所の漏水を突き止めることができました。
( 雨漏り110番任務完了です('◇')ゞ)

 

『 雨漏りでどうしたらいいか? 』とお悩みの方、当社へぜひご相談ください。


お問い合わせはこちらまで↓
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 || Next»

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る